近江八幡市のひとみワイナリーを訪ねました

DPP_0013DPP_0012

春祭りの日にひとみワイナリーを訪れました。

店長でソムリエの栗田さんから説明を受け、試飲しました。

年間13万本、滋賀、山形の農家から契約栽培のメルロー他のブドウが納入されているそうです。

スタッフが思い思いのワインを手作りで醸造からラベル貼まで50種類のワインを醸造して、買ったお客様が貯蔵するシステムのようです。

欧州系のメルロー他、マスカットワイン、アイスワイン、発砲ワイン、ブランディなど様々です。

デラウエアが主ですが、味はデラとは思えないほど工夫がしてありました。

カタシモワイナリーを訪ねました

DPP_0008DPP_0007DPP_0002

大阪府の柏原住宅地の中の丘陵の段々畑にある100年以上の歴史を持つカタシモワイナリーを訪ねました。

朗らかな高井社長にお会いして、有機栽培に挑戦されているワイナリーの苦労話、楽しさを教えてもらい、数々の激励を受けてきました。

いろいろな種類のワイン6本買いました。

帰ってから早速メルローの木樽仕込みを家族で飲みました。若いワインでしたが、ハーブの香りの強い渋みと重い美味しいワインでした。

本当に訪ねて良かったと思いました。

 

日光消毒の開始

DPP_0003

ほうれん草の後を耕耘して日光消毒の準備をしています。

土壌の肥料の多少を測るRC値、アルカリ酸性を測るPHを測って判断します。

今回は適正だったので堆肥とか苦土石灰など何も加えませんでした。

畝を作って透明ビニールの被覆をします。病原菌、雑草の種などを殺菌するため

9月まで地熱温度45~70度の土壌消毒をします。

プロパンガスバーナーで焼却消毒をしてトマトの桃太郎Fを植えました

DPP_0001

畑の土壌を測定した結果はPH7 RC値0.14でした。特に肥料は加えません。

連作障害、病害虫の殺菌にプロパンガスバーナーで焼却消毒を耕耘機で3回天地返しをして焼却消毒も3回行いました。

6月の中旬から収穫できる大玉のトマト、桃太郎Fを植えました。