大社菱根ファームのヴィジュノアールが着色してきました

DPP_0018DPP_0029

ハウスの温度が41度になり、地温も32度から36度になってきました。

地中水分は20cmの位置でノーマルからウエットです。

ブドウの糖度は15度から25度の範囲です。ハウス内の温度を下げるため、

ブドウに吸収されないように1日中スプリンクラーをブルーシート上で回しました。

結果34度になりました。

 

大社菱根ファームのヴィジュノアールが順調に成長しています

DPP_0003

10日間かかってやっと整房とせん定が終わりました。上向きの作業は73歳にとって4時間までです。

この次は10~14日後からまたせん定開始です。

猛暑の中なので最高気温は34度最低24度、地温は意外と低く18.8度でした。

水分は全く潅水していませんが適正ノーマルでした。

今年植え直した木だけ水分と肥料を入れています。

キャッチ画像はせん定前の写真ですが、せん定後は写真のごとく、実をつけていない枝は2~4芽で

せん定しました。

 

大社菱根ファームのヴィジュノアールが着色してきました

DPP_0003

一昨日灰色病、ベト病の予防をした後、今日は

昨日着色した房が生理現象によって軸枯れを起こしたと思われたので、整房とせん定、誘引行いました。

2m幅にわたって実をつけましたが、その先の副稍を短くせん定して葉からの蒸散を減らしていきます。

実をつけた副梢の葉数を20枚前後に揃えました。

これで2,3日状態を観察するつもりです。

 

大社北荒木ファームの接木をしたメルローです

DPP_0006DPP_0005

上の新梢枝を接ぎした場合            下の新梢枝に接ぎ木をした場合

デラウエアの成木に新梢接木、成木接木と2種類の接木をしました。

結果はメルロー10本/35、ヴィジュノアール10本/35と再度接木をしました。

原因はいろいろですが、20%接木をした後成長が遅いとか、60%他の枝に勢力を取られたとかありました。

理由はデラウエアの新梢が意外ともろいのですぐ枝が落ちてしまいます。ある程度活着するまで触れないのです。

これからせん定と誘引の際も気を付けなければいけません。