摘粒の時期がやってきた!粒の成長は3次元的力学が働く!

 

1

毎週ブログを書きたいのですが、シャインマスカットブドウは待ってくれません!もう2週間も朝7時から休日無しで摘粒の作業をしている!いろいろな房ができてきた。あなたならどう摘粒して房の形を整形しますか?

菱根南園では2回目の摘粒作業に入った!小さい小粒、もぐりこんでいる粒、出っ張っている粒!それを美味しそうに大きな粒に成長させ、美しい形に見えるように整形します!

今の粒の大きさが2週間後にどれだけ成長するのか?3次元的に成長するので、隣の粒、横の粒、上の粒、下の粒、斜め上の粒に影響する。まるで幾何学的な力学の世界です!

 

2

現在大粉粒は23~28ミリぐらいあります!7月の下旬には糖度が上がる。房の形を整え、糖度が16度以上に上がる日照による最後の仕上げが待っています!

これからは天に祈るしかないようです!

3月25日 花穂も出てきて整形を始めた。今年は南園全部同じには成長がそろわない。

B、C通りの4,5.6本目は同じように発芽して、展葉も似ている。1本目2本目は展葉1~2枚目と不ぞろいである。A、D通りは同様に1~5本目まで未だ展葉が遅い。入口に近い1~3本までの木も同様である。園の中央部から東にかけて3本目ぐらいの温度、湿度は比較的高い。入口付近の温度が比較的低いが、はっきりした原因は分からない。考えられることは、今年は梅の花も咲き始めから満開までは1か月近くかかった。東京の桜も開花から時間が掛かっている。自然現象かもしれない。

結果成長した展葉、花穂毎に誘因、花穂整形作業をするしかない。北園、小園が重なると、今年も大忙しくなるだろう!

前回(2月20日)より16日(3月7日)経って成長した葉

芽欠きとは

新梢の数を適正に減らすことである。1本のブドウの木が作る樹液には限度があるので、芽欠きをして減らす。ベテランの農家は芽が出た段階で減らすが、私たちはベテランでもないので、分かりやすくなった段階で芽欠きをする。1本の新梢に1個のシャインマスカットの房ができる。早く選択してその枝に樹液を集中させ枝を太く成長させる。

それを早く見分けるのが省力化や大きな良い房を作る技術の一つである。