奥出雲ワイナリーを見学させていただきました

dpp_0005dpp_0002dpp_0007

日本酒の研究家の元島根大学教授の堀江先生と友人と3人で奥出雲ワイナリを訪れました。

ワイナリー長の安部さんに案内していただきました。約3haの直営ブドウ園でメルロー、山ブドウ、シャルドネなど年間5万本のワインを作っているそうです。

昨年日経新聞の世界で飲まれているワインの6位に選ばれたほか他のコンクールでも数々賞をもらっているそうです。

試飲は残念ながら車ですのでできませんでした。

 

島根県の「有機農業の推進」は先駆けて始まり全国一です

img_20161204_0001img_20161204_0002img_20161204_0003img_20161204_0004img_20161204_0005

島根県農産園芸課 有機農業グループより「お母さんと赤ちゃんのための有機農産物読本」電子小冊子が発行されました。

畑のRegaloも金色のマークが貼ってある

 島根県推奨エコロジー農産物 節減対象農薬・化学肥料

     栽培期間中

     不使用 」 で栽培しています。

もっと読みたい方への紹介

 

http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/seisan/kankyo_suishin/yuki_nougyo/for-maternity_baby.html

 

大社修理免ファームのボカシが発酵が進んでいます

dpp_0006

11月18日にボカシを光合成菌と米ぬか、菜種かす、雑草と一緒に始めました。2週間たった写真のもみ殻の白い部分はまだ発酵が進んでいませんが、

大半は茶色に変わり発酵しています。

このまま進めば3月には十分に発酵するはずです。

とりあえずアスパラガスの12月せん定の後には牛糞堆肥を入れます。

大社菱根ファームの小松菜とほうれん草が順調に育っています

dpp_0008dpp_0010

小松菜(ハウス、防虫ネット栽培)         ほうれん草(ハウス、防虫ネット栽培)

播種とともに防虫ネットで害虫を防いでいますが、少し虫に食われています。

早く皆様に届けたいと思いハウスの保温も始めていますが、自動温度計の平均気温が14度になり成長が遅くなっています。

収穫は12月中旬になりそうです。

大社修理免のハウスの葉玉ねぎが順調に育っています

dpp_0005

葉たまねぎ(ハウス栽培)

この玉ねぎはニンニクと同じで球根のように見える鱗茎を定植させたものです。

ふなつファームで育てているたまねぎは、皆さんが食べている玉ねぎで種子を播種して発芽させ、定植した玉ねぎで来年の6月頃に収穫できます。

この葉玉ねぎは年末ごろに収穫でき葉とともに豚肉と野菜炒めで食べると非常に美味しく食べられます。

他に食べ方もいろいろありますが、我が家ではもっぱらこの食べ方です。