北荒木ファームの剪定と雑草刈が終わりました。

先週で北荒木ファームの剪定が終わり、雑草刈も終わりました。

ここは接ぎ木でビジュノワールほかのワイン用ブドウを育てています。どうしても樹勢が悪い木があり、新しい木を植える必要があります。

いっぺんに植え替えるわけにいきません。3月には古い木の樹間に新しい苗を植えようと思っています。

寒い北風の強いふなつファームの梅もほころび始めました

三浦半島の河津桜も例年より半月早く満開になったそうです。我がふなつファームの30本あった梅の木を間違えて草刈り機の犠牲になって20本に減ってしまいましたが、5年経って今年は初めて白い花をつけ始めました。

実のところ梅の剪定は本で読んだだけで手探りの状態でした。こうやって花が咲き始めると嬉しく思っています。

今日がRegaloの仕事納めです

ワイン用ビジュノワールブドウのハウス栽培をして3年経ちまして、今年は3000kg出荷しました。シャインマスカットも今年から栽培して100kg生産し、難しさに苦労しています。しかし農園のみんなは前向きに挑戦しています。

今年は猛暑を始め天候不良などいろいろなことがありました。

そういう中で市内からブドウ栽培に興味のあるご婦人のたくさんのグループ、ワインに興味のある横浜の田中様ご夫妻、千葉の桜井様グループなどたくさんの人たちに農園を見学していただきました。我々はやっと皆様に来ていただける農園に育った事が嬉しく、感慨深いものがあります。

来年はワイン用ブドウの栽培をもっと伸ばして5000㎏を目指して栽培しようと思っています。シャインマスカットも300kg出荷に挑戦します。

ふなつファームのニンニク栽培は14aから17aに少し増え全部で22aになります。もう少しご愛好いただいている皆様に品切れでご迷惑をおかけしないよう黒ニンニクの生産を増やしていきたいと思います。

島根県産業技術センター、よろず支援拠点、NPO法人出雲支援センター様はじめたくさんの方のお世話になりながら新しい商品開発にも挑戦してまいります。

来年もよろしく皆様のご愛顧とご指導のほどお願い申し上げます。

つかの間の晴れた日にハウスの屋根の補修をしました

ブドウの葉の発芽のためには気温が7.2度以下の日が1000時間必要です。
12月15日で300時間です。CX剤を塗布することで500時間が短縮されます。あと数日開放します。折から雪が降るほど気温が低下していますので、来年の1月末ぐらいで2重被覆してハウスの温度を上げて発芽を促す予定です。

ブドウの葉の発芽のためには気温が7.2度以下の日が1000時間必要です。
12月15日で300時間です。CX剤を塗布することで500時間が短縮されるので、あと数日ハウスを開放します。折から雪が降るほど気温が低下していますので、多分来年の1月末ぐらいで2重被覆してハウスの温度を上げて発芽を促す予定です。

シャインマスカットの剪定を始めました

第1回の剪定は11月の終わりに大きな枝を4芽残して剪定しました。12月のクリスマスにまでに芽出し用のCX剤を噴霧し、今日から2芽残して、シャインマスカットの選定を始めました。

今年も1週間余りになったが、久し振りに晴れてきた。
今日はKさんが剪定した枝をきれいに束にして片付けてくれました。